日本神話にはたくさんの神様が登場します。女神もたくさん登場し、魅力的なエピソードがいっぱい。神様だけど人間臭いエピソードがたくさんあって笑えます。親近感わくんですよね。

そんな日本神話に登場する女神を48柱セレクトし、お祀りされている主要神社、神格、神徳(ご利益)、ひとことプロフィールをまとめました。

誰でも一度は聞いたことある「アマテラス」から神話好きしか知らない女神まで紹介しています。

最後に、独断と偏見で、日本神話の女神48の中から神セブンといえる美人女神を選出してみました!

笑って許して下さい。

では、いってみましょう!

目次

日本神話の女神48セレクション

💛天照大神あまてらすおおみかみ

◇主要神社:伊勢神宮(三重県伊勢市)
◇神格:太陽の女神
◇神徳:国土平安・五穀豊穣・生命力向上

◇ひとことプロフィール:日本神話界のスーパースター。太陽を司る女神。皇室の祖先とされている。天界を支配した最高神。卑弥呼がモデルになったんじゃないかな~と個人的に密かに思っています。

💛多紀理姫命たきりびめのみこと

◇主要神社:宗像大社(福岡県宗像市)
◇神格:海の女神
◇神徳:航海安全・交通安全・海上安全・大漁・商売繫盛・技芸上達・金運向上・国家安泰

◇ひとことプロフィール:宗像三女神の長女。美しさだけでなく、賢く、強い三拍子そろった女神。海の女神として、海の男神である住吉三神と肩を並べる存在。次女の市杵島姫命が三姉妹の中で最も美しいとされていますが、神話界きってのイケメンモテ男である大国主命をゲットしたのは長女の多紀理姫命。男を引き寄せる魅力は市杵島姫命より上だったのかも!?宗像大社では田心姫命とされています。

💛市杵島姫命いちきちまひめのみこと

◇主要神社:宗像大社(福岡県宗像市)
◇神格:海の女神
◇神徳:航海安全・交通安全・海上安全・大漁・商売繫盛・技芸上達・金運向上・国家安泰

◇ひとことプロフィール:宗像三女神の次女。三姉妹の中でも最も美人の誉れ高い女神。財・芸能の神として有名な弁財天と同神とされています。

💛多岐都姫命たきつひめのみこと

◇主要神社:宗像大社(福岡県宗像市)
◇神格:海の女神
◇神徳:航海安全・交通安全・海上安全・大漁・商売繫盛・技芸上達・金運向上・国家安泰

◇ひとことプロフィール:宗像三女神の三女。ただし、生まれた順番は古事記と日本書紀で記述が異なっています。この記事では古事記に記載されていることをベースにしています。宗像大社では湍津姬とされています。

💛高龗神たかおかみのかみ

◇主要神社:貴船神社(京都市左京区)
◇神格:水の女神
◇神徳:商売繁盛・止雨・治水・潅漑・祈雨・縁結び・舟運・酒造

◇ひとことプロフィール:全国に広がる貴船神社の祭神なので、貴船神ともいわれています。イザナミが命を落とす原因となった火の神カグツチを夫であるイザナキが切り殺したときに、流れた血から化成した水の神様。

💛罔象女神みずはのめのかみ

◇主要神社:丹生川上神社 中社(奈良県吉野郡)
◇神格:水の女神
◇神徳:井戸の安全・安産

◇ひとことプロフィール:高龗神とともに、代表的な水の神。日常生活に密着した井戸・水道の神として広く信仰されています。

💛倭迹迹日百襲姫命 やまとととひももそひめのみこと

◇主要神社:吉備津神社(岡山県岡山市)
◇神格:言霊の女神
◇神徳:諸願成就・家内安全・厄除け・延命長寿

◇ひとことプロフィール:神の言葉を伝える巫女。崇神天皇の治世に起こった厄災の原因を占ったとき、倭迹迹日百襲姫命に大物主命が憑依して託宣。その神託通りにして厄災が治まったというエピソードがあります。

💛泣沢女神なきさわめのかみ

◇主要神社:泣沢女神社(奈良県橿原市)
◇神格:水の女神
◇神徳:井戸の神様・出産・延命長寿・新生児守護・水の神様・降雨の神様

◇ひとことプロフィール:イザナミノミコトが死んだ悲しみで、イザナキノミコトが流した涙から生まれた女神。愛する人の死の悲しに流す涙を象徴する女神。

💛阿加流比売神あかるひめのかみ

◇主要神社:比売許曽神社(大阪市東成区)
◇神格:太陽の女神
◇神徳:再起復活・女性の開運招福

◇ひとことプロフィール:朝鮮半島にあった新羅の国の王子アメノヒボコの妻で、数奇な運命により日本に渡り定住したと伝えられています。

💛木花咲耶姫命このはなさくやひめのみこと

◇主要神社:富士山本宮浅間神社(静岡県富士宮市)
◇神格:安産の女神
◇神徳:五穀豊穣・火難よけ・醸造の守護・安産

◇ひとことプロフィール:桜の美を象徴する美しい女神。人の命のはかなさも象徴しています。天孫ニニギノミコトに一目惚れされて交際0日婚。天孫に見初められたということで玉の輿でもありますね。名前の華やかさとは裏腹に性格は強烈。結婚した翌日に妊娠したので、ニニギノミコトが浮気を疑います。それに激怒して「天孫の子ならどんな状況でも生まれてくるでしょ!」と言い放ち、火を放った産屋の中で無事出産したというエピソードがあります。

💛菊理媛神くくりひめのかみ

◇主要神社:白山比咩神社(石川県白山市)
◇神格:復縁の女神
◇神徳:五穀豊穣・和合・山の神・海の神・牛馬安産・縁結び

◇ひとことプロフィール:イザナキとイザナミの日本最大の夫婦喧嘩を仲裁して仲を取り持ったエピソードから復縁のご利益があると期待できます。イタコの祖先とも言われる女神です。

💛鹿屋野比売神かやのひめのかみ

◇主要神社:萱津神社(愛知県あま市)
◇神格:風の女神
◇神徳:タバコの神様・原野の神様・屋根の神様・森林守護・漬物の神様・灌漑用水の神様・草木の神様・諸病免除・農耕の神様・開拓の神様

◇ひとことプロフィール:野に満ちている緑のすべてを司る女神。生命力の象徴でもあります。

💛大屋都比賣神おおやつひめのみこと

◇主要神社:大屋都姫神社(和歌山県和歌山市)
◇神格:木の女神
◇神徳:林業の守護・木工業の守護・建築業の守護・木製品の守護・住宅の守護・船具の守護

◇ひとことプロフィール:日本の木の文化をつかさどる女神。父神はスサノオノミコト。全国に杉、ヒノキ、クスノキを植林してまわったというエピソードがあります。

💛枛津姫命つまつひめのみこと

◇主要神社:都麻都比売神社(和歌山県和歌山市)
◇神格:木の女神
◇神徳:建築安全・安産・子育て

◇ひとことプロフィール:大屋都比賣神の妹で姉とともに、木の神様として知られています。

💛石長比売命いわながひめのみこと

◇主要神社:貴船神社(京都市左京区)
◇神格:婚活の女神
◇神徳:健康長寿・安産・家内安全・海上安全・縁結び

◇ひとことプロフィール:天孫ニニギノミコトに嫁ごうとしたけど、あまりにブスなので、ニニギに追い返されたという強烈なエピソードを持つ女神。神話界一の非モテ女子。しかし心優しい石長比売命は自分のように悲しい思いをする女性がいなくなるようにと京都貴船の地で婚活の女神となったのです。

💛伊邪那美命いざなみのみこと

◇主要神社:多賀大社(滋賀県犬上郡)
◇神格:大地の女神
◇神徳:延命長寿・縁結び・事業成功

◇ひとことプロフィール:日本の島々の海の親。イザナキノミコトの奥さん。万物の母神。火の神カグツチを出産したときに死んでしまう!神様なのに。

💛玉依姫命たまよりひめのみこと

◇主要神社:下鴨神社(京都市左京区)
◇神格:聖なる母の女神
◇神徳:再生・発祥・開運

◇ひとことプロフィール:玉依の意味は「霊憑」からきていて、神霊が依り憑くほど美しいということです。姉の豊玉姫命の子どもを育て、成人すると結婚して日本の初代天皇である神武天皇を生む皇室の母でもあります。

💛豊玉姫命とよたまひめのみこと

◇主要神社:鹿児島神宮(鹿児島県霧島市)
◇神格:美肌の女神
◇神徳:安産・海上安全・縁結び・育児

◇ひとことプロフィール:玉依姫命の姉。浦島太郎に登場する乙姫のモデルになったと言われています。

💛神功皇后じんぐうこうごう

◇主要神社:香椎宮(福岡県福岡市)
◇神格:聖なる母の女神
◇神徳:安産・子育て守護・学業祈願・厄除け・病魔退散・家内安全・開運招福

◇ひとことプロフィール:第14代仲哀天皇の皇后。第15代応神天皇の母。女神ですけど、朝鮮に出兵したとか、武神でもあります。応神天皇は八幡様として日本で最も信仰されている神様です。その霊力は日本神話に登場する女神の中でも屈指のレベル。

💛刺国若比売さしくにわかひめ

◇主要神社:根雨神社(鳥取県日野郡)
◇神格:大地の女神
◇神徳:再生

◇ひとことプロフィール:日本神話界のスーパースターで日本一恋多き男、大国主命のお母さんです。腹違いの兄神たちに殺された大国主命を、高天原のカミムスビの神に頼んで生き返られてもらったことから蘇生にかかわる女神と考えられます。

💛蚶貝比売きさがいひめのみこと

◇主要神社:出雲大社・天前社(島根県出雲市)
◇神格:医療の女神
◇神徳:蘇生

◇ひとことプロフィール:大国主命が兄神たちによって焼き殺されたときに、地上に降りてウムギヒメとともに、大国主命を生き返らせた女神。

💛倭姫命やまとひめのみこと

◇主要神社:皇大神宮別宮・倭姫宮(三重県伊勢市)
◇神格:聖なる母の女神
◇神徳:勇気

◇ひとことプロフィール:日本神話界随一の武神であるヤマトタケルの叔母さん。ヤマトタケル伝説の中では、彼の心の支えになっています。

💛八上比売命やがみひめのみこと

◇主要神社:売沼神社(鳥取県鳥取市)
◇神格:縁結びの女神
◇神徳:子宝・縁結び

◇ひとことプロフィール:大国主命の兄神たちが惚れた女神。でもサクッとフッて大国主命と結婚。出雲で大国主命と暮らしていましたが、同じくオオクニヌシの妻であるスセリビメの強烈な嫉妬に耐えかねて逃げ出してしまいます。

💛天宇受賣命あめのうずめのみこと

◇主要神社:椿大神社・別宮椿岸神社(三重県鈴鹿市)
◇神格:芸能の女神
◇神徳:技芸上達・夫婦和合・縁結び

◇ひとことプロフィール:天岩戸に引きこもったアマテラスを引っ張り出すために一役買った妖艶な踊り子。八百万の神々を魅了した元祖天界のアイドル。

💛櫛名田比売命くしなだひめのみこと

◇主要神社:八重垣神社(島根県松江市)
◇神格:玉の輿の女神
◇神徳:五穀豊穣・稲田の神

◇ひとことプロフィール:ヤマタノオロチの生贄になるところをスサノオノミコトに助けられて結婚。天界の最高神アマテラスの弟であるセレブ神スサノオに見初められた元祖玉の輿。

💛須勢理毘売命すせりびめのみこと

◇主要神社:出雲大社・摂社御向社(島根県出雲市)
◇神格:夫婦和合の女神
◇神徳:夫婦和合

◇ひとことプロフィール:スサノオの娘。スサノオパパに助けを求めにきた大国主命をサポートし、最後は大国主命と駆け落ち。ヤガミヒメという大国主命の本妻をたたき出して正妻の座についた激情の女神。このエピソードを知ったときに「略奪のご利益あるよね♪」と思いました。

💛弟橘比売命おとたちばなひめのみこと

◇主要神社:走水神社(神奈川県横須賀市)
◇神格:純愛の女神
◇神徳:出世開運・海上安全・縁結び

◇ひとことプロフィール:ヤマトタケルが東国へ遠征しているとき、海が荒れて遭難しそうになります。そのとき彼女は「私の命を捧げて海峡の神の怒りを沈めましょう」と荒れ狂う海に実を投げて、嵐を沈めたのです。そのおかげでヤマトタケルは無事に海峡を渡ったというエピソードから純愛の女神として親しまれています。

💛衣通姫そとおりひめのみこと

◇主要神社:玉津島神社(和歌山県和歌山市)
◇神格:和歌の女神
◇神徳:技芸上達

◇ひとことプロフィール:「そとおり」とは、肌の色つやが衣を通して光り輝くように美しいという意味が込められています。和歌の達人で柿本人麻呂、山部赤人とともに和歌三神と言われています。

💛稚日女尊わかるひるめのみこと

◇主要神社:生田神社(兵庫県神戸市)
◇神格:夫婦和合の女神
◇神徳:健康長寿・祈雨・商売繁盛・疫病除け・縁結び・子宝安産

◇ひとことプロフィール:アマテラスに仕えた機織りの女神。スサノオのいたずらで死んでしまい、アマテラスが天岩戸に引きこもるきっかけとなりました。

💛宮簀媛命みやずひめのみこと

◇主要神社:氷上姉子神社(愛知県名古屋市)
◇神格:夫婦和合の女神
◇神徳:夫婦和合

◇ひとことプロフィール:ヤマトタケルが一目惚れした女神。神の剣である草薙の剣を祀るように託されます。その神剣を大事にお祀りしたのが熱田神宮の起源と言われています。

💛伊豆志袁登売命いずしおとめのみこと

◇主要神社:御出石神社(兵庫県豊岡市)
◇神格:良縁の女神
◇神徳:縁結び

◇ひとことプロフィール:アメノヒボコの娘。多数の神々から求婚された美女。

💛媛蹈韛五十鈴媛命ひめたたらいすずひめのみこと

◇主要神社:橿原神宮(奈良県橿原市)
◇神格:夫婦和合の女神
◇神徳:夫婦和合

◇ひとことプロフィール:大和王権を築いた神武天皇の奥さん。

💛沼河比売命ぬなかわひめのみこと

◇主要神社:能生白山神社(新潟県糸魚川市)
◇神格:縁結びの女神
◇神徳:縁結び

◇ひとことプロフィール:大国主命の妻の一人。出雲の地から古志国(現在の新潟県あたり)までわざわざ口説きにやってくるほど評判の美しさだったとか。この地域は日本で唯一ヒスイが採れたことから、沼河比売命は美しい玉の象徴でもあります。

💛大気都比売神おおげつひめのかみ

◇主要神社:一宮神社(徳島県徳島市)
◇神格:食物の女神
◇神徳:農業守護・漁業守護・養蚕守護

◇ひとことプロフィール:イザナキ・イザナミの娘で五穀の女神。スサノオが訪ねてきたときに、自分の体に蓄えた食物を鼻、口、尻の穴から取り出してスサノオに食べさせます。これを見たスサノオが激怒して大気都比売神を切り殺しました。するとその体からいろいろな農作物が生まれたというエピソードがあります。食物の神が殺されていろいろな農作物が生まれるというタイプの神話は日本だけでなく世界的に見られるパターンです。

💛豊受大神とようけのおおかみ

◇主要神社:豊受大神宮(三重県伊勢市)
◇神格:食物の女神
◇神徳:産業振興・農耕の神

◇ひとことプロフィール:衣食住すべてをつかさどる実力NO.1の女神。アマテラスに食事を捧げる役割から伊勢神宮にアマテラスとともにお祀りされれています。

💛奥津比売命おきつひめのみこと

◇主要神社:神谷神社(香川県坂出市)
◇神格:火の女神
◇神徳:家内安全・防火・家畜守護・豊作・招福

◇ひとことプロフィール:食べ物を煮炊きする竈の神様(火の神様)という変わったプロフィール。家庭の台所を切り盛りする神様というところでしょうか。

💛和久産巣日神わくむすびのかみ

◇主要神社:安積国造神社(福島県郡山市)
◇神格:食物の女神
◇神徳:農耕守護

◇ひとことプロフィール:母神がイザナミノミコト。五穀を成長させるためのエネルギーをつかさどる女神。和久産巣日神の娘が伊勢神宮にアマテラスとともにお祀りされる豊受大神。

💛速秋津比売命はやあきつひめのかみ

◇主要神社:売布神社(島根県松江市)
◇神格:海の女神
◇神徳:港の守護

◇ひとことプロフィール:海の神三神の一神ですが、川が海に注ぐ河口を浄化する神様と言われます。河口の神様ってずいぶんニッチな場所だなと思いますが、川と海を「つなぐ」ということから、仲人さんをイメージするのは私だけ?ホントの意味での縁結びの神だったりして!?

💛矢乃波波木神やのははきのかみ

◇主要神社:坐摩神社(大阪市中央区)
◇神格:安産の女神
◇神徳:安産・招福

◇ひとことプロフィール:これまたニッチな神様なのですが、矢乃波波木神はホウキの女神です。ゴミを掃くアレです。身近な道具に宿る家の神様というところでしょう。

💛神大市比売命かみおおいちひめのみこと

◇主要神社:市比売神社(京都市下京区)
◇神格:商業の女神
◇神徳:商売繁盛・女性守護・開運招福

◇ひとことプロフィール:名前に「市」がつくのは、市場の神様だから。日本の商業神の一神。

💛大宮売神おおみやのめのかみ

◇主要神社:伏見稲荷大社(京都市伏見区)
◇神格:商業の女神
◇神徳:商売繁盛・諸願成就・農業守護・病気平癒・開運招福・厄除け

◇ひとことプロフィール:愛嬌あるおもてなしでお客をひきつける接客商売の女神。伏見稲荷大社ではアメノウズメと同一神とされています。

💛金山姫神かなやまひめのかみ

◇主要神社:金屋子神社(島根県安来市)
◇神格:鉱山の女神
◇神徳:夫婦和合・子孫繁栄・安産・金属業・鉱業・鍛冶

◇ひとことプロフィール:名前の表す通り、鉱山・製鉄の女神。鉱山から採取された鉱石から金属を精錬し、その金属を加工して道具を作る技術までをつかさどる女神です。

💛埴山姫神はにやまひめのかみ

◇主要神社:榛名神社(群馬県高崎市)
◇神格:土の女神
◇神徳:陶磁器業の守護・田畑の開墾守護・子宝・安産守護

◇ひとことプロフィール:陶器に欠かせない粘土の神様。埴山姫神がつかさどる粘土によって作られた陶器は五穀豊穣を願う祭りに使われました。

💛石凝姥命いしこりどめのみこと

◇主要神社:鏡作坐天照御魂神社(奈良県磯城群)
◇神格:鏡の女神
◇神徳:鉄鋼・金物業守護・産業開発

◇ひとことプロフィール:三種の神器として有名な八咫鏡を作った神とされています。

💛栲幡千千姫命たくはちちぢひめのみこと

◇主要神社:泉穴師神社(大阪府泉大津市)
◇神格:織物の女神
◇神徳:織物の神

◇ひとことプロフィール:機織りの神様。アマテラスの長男アメノオシホミミと結婚してニニギノミコトを生んだ女神ということから聖母としての顔もあります。

💛下照比売命したてるひめのみこと

◇主要神社:比売許曾神社(大阪市東成区)
◇神格:縁結びの女神
◇神徳:和歌の神・婦人病・安産・縁結び

◇ひとことプロフィール:織物の神様。下が照るというのは、この女神が歩くと、あたり一面が照り輝くように明るくなるという意味。

💛天探女あめのさぐめ

◇主要神社:比売許曾神社(大阪市中央区)
◇神格:悪女神
◇神徳:占いの神

◇ひとことプロフィール:日本神話の中では特異なキャラクターで魔女的な存在とされています。「探る」という名前にあるように、隠された秘密を探り出し、吉凶を占う能力を持っていたと考えられます。占いの神様と言えるでしょう。

💛神屋楯比売命かむやたてひめのみこと

◇主要神社:美保神社末社・大后社(鳥取県松山市)
◇神格:縁結びの女神
◇神徳:縁結び

◇ひとことプロフィール:古事記にも日本書紀にもエピソードは語られていませんが、元祖モテ男の大国主命に見初められたということから良縁を引き寄せるご利益があると考えられます。

日本神話に登場する女神を勝手に美人度ランキング

この記事で日本神話に登場する女神を48柱紹介しました。

日本神話には多くの女神が登場し、さまざまなエピソードがあります。多くの女神のエピソードでその美しさが語られていますが、誰が一番?とふと思ってしまいました。

もちろん一番なんて決められるわけないのですが、独断と偏見で日本神話の女神48のなかから神セブンを選出してみようと思います。

注目したのは、男神から一目惚れされたというエピソード。

神話の世界では出会ってすぐにプロポーズの交際0日婚がけっこうあります。

ソッコーでプロポーズされるほどの美女だったんだろうなということで、それらの女神を中心に選出しました。

あとは、エピソードを読んで美人度高いなあと感じる女神を加えて、日本神話の女神48の中から神セブンを勝手にランキング!

では、発表します!

第7位 宮簀媛命みやずひめのみこと

ヤマトタケルが一目惚れして、東征の後に結婚。ヤマトタケルといえば、この記事でも紹介した弟橘比売命のほうが圧倒的に有名だし、自分の身を犠牲にしてヤマトタケルを助けた純愛には心を打たれますが、美人度は宮簀媛命のほうが上ではないかと思っています。神話界一の武神が一目惚れするくらいですから。

第6位 櫛名田比売命くしなだひめのみこと

スサノオノミコトが一目惚れ。ヤマタノオロチを退治したあと結婚。天界を追放されるほどのヤンチャぶりを発揮したスサノオですが、櫛名田比売命と結婚したあとは気性も落ち着いたとか。旦那の操縦術も相当なレベルです。

第5位 市杵島姫命いちきちまひめのみこと

美人神として名高い宗像三女伸の中でもっとも美人だったという言い伝えを信じてランクイン。ホントは大国主命に見初められて結婚した長女の多紀理姫命を選びたかったんですけど。多分、男を惹きつける魅力はタキリ姫のほうが上だったんじゃないかしら。でも美人度はイチキシマ姫のほうが優っていたのでしょう。

第4位 玉依姫命たまよりひめのみこと

豊玉姫命の妹。「玉依」とは神霊が依り憑くほど美しいという意味。もはや名前勝ち!姉である豊玉姫命の子どもを育て、成長したその子どもと結婚するくらいですから、かなりの美熟女だったのでしょう!?

第3位 豊玉姫命とよたまひめのみこと

山幸彦(ホオリノミコト)が一目惚れ。トヨタマ姫がパパにお伺いを立てたあと結婚。浦島太郎に出てくる乙姫のモデルと言われるのはポイント高い。また美肌の神様というエピソードもあり、ベスト3には入るかなと。

第2位 沼河比売命ぬなかわひめのみこと

神話界きってのモテ男、大国主命が出雲からはるばる新潟まで口説きにきて結婚。大国主命は6柱の女神と結婚しています。宗像三女神の長女、タキリ姫や、スサノオノミコトの娘、スセリ姫なども美人神と言われますが、やはり長距離をものともせず口説きに行ったヌナカワ姫が大国主命の奥さんの中でも一番の美人かと思われます。

第1位 木花咲耶姫命このはなさくやひめのみこと

天孫ニニギノミコトが一目惚れして交際0日婚。可憐でおしとやかな名前とは裏腹に、ニニギノミコトにブチ切れして炎の中で出産した根性も好き♪