あなたの恋愛を応援してくれる神様がお祀りされている秋田県の神社を紹介します。

この記事で紹介する神様は、それぞれ縁結び、玉の輿、復縁、女子力アップの強力なご利益をもたらしてくれる神様です。

これら恋愛パワーを授けてくれる七柱の神様と、その神様にお参りできる7つの神社を紹介します。

恋愛に関するあなたのお願い別に、マッチする神様を選んでお参りしてください。

また、神社にお参りするときにゼッタイに気を付けなければならない3つのポイントについてもこの記事の最後でお教えします!

では、いってみましょう!

秋田・恋愛プロフェッショナルな神様

気になる神様のプロフィールをチェックしてください。

秋田の恋愛プロフェッショナルな神様たち
縁結び良縁 大国主命 おおくにぬしのみこと
プロフィール
総社神社 そうじゃじんじゃ
太平山三吉神社 たいへいざんみよしじんじゃ
多紀理姫命 たきりびめのみこと
プロフィール
八幡神社 はちまんじんじゃ
玉の輿 櫛名田比売命 くしなだひめのみこと
プロフィール
熊野神社 くまのじんじゃ
女子力アップ 天鈿女命 あめのうずめのみこと
プロフィール
八幡秋田神社 はちまんあきたじんじゃ
月読命 つきよみのみこと
プロフィール
月山神社 がっさんじんじゃ
豊玉毘売命 とよたまひめのみこと
プロフィール
真山神社 しんざんじんじゃ
復縁 菊理姫命< くくりひめのみこと
プロフィール
鹿渡神社 かどじんじゃ

縁結び・良縁の神様

大国主命(おおくにぬしのみこと)プロフィール

日本神話界きっての超絶イケメンのモテ男。天界(高天原)の最高神アマテラスの弟・スサノオの子孫という由緒正しき血統。日本一の恋多き男で、6人の女神と結婚し、180人の子どもを作った。このモテモテぶりから、縁結びの神様としてご利益が期待できると言われている。彼のエピソードを見ると、わりとダメ男であることがわかる。おそらく母性本能をくすぐる、放って置けないタイプ。それが天性なのか、はたまた計算された策略なのか!?多分、天性だと思われる。

※オオクニヌシのエピソード(時間のない人はスルーしてください)
エピソードを飛ばす

オオクニヌシのエピソードはいくつかあるのですが、その中で2つ紹介します。

やっぱ、天然か~と思わせるエピソードですが、女性にはモテモテです。

なんといっても、オオクニヌシは2回殺されちゃうのですが、2回とも女性に助けられて生き返るという・・・

オオクニヌシのエピソードはちょっと長くなるので、興味のない方はスルーしてください。

因幡の白兎いなばのしろうさぎのエピソード

オオクニヌシにはたくさんのお兄さんがいました。あるとき、兄たちと因幡の国(現在の鳥取県)に行くことになります。因幡の国にいる美人と評判のヤガミヒメに求婚するためです。オオクニヌシは兄たちの荷物持ちとして一緒に連れていかれたのです。

その道中、ワニ(古代の日本ではサメのこと)に生皮をはがされて苦しんでいるウサギに出会います。兄たちは、このかわいそうなウサギを見て、さらに追い打ちをかけるようにいじめました。でもオオクニヌシは兄たちが去ったあと、そのウサギを優しく手当てしてあげたのです。

ウサギはたちまち元気になり、オオクニヌシに感謝します。

「よかった。これからは気を付けろよ」と言って立ち去ろうとするオオクニヌシにウサギが声をかけます。

「キミのお兄さんたち、ヤガミヒメに結婚申し込みに行くんだろ?でも、誰もヤガミヒメと結婚できないよ。だって、彼女が夫に選ぶのはキミだからさ」

うさぎのこの予言は当たり、ヤガミヒメはオオクニヌシに心を奪われ結婚します。

そうなると、兄貴たちが黙っていません。

「アイツ、むかつく。殺っちゃおうぜ」という過激な話になって、イノシシの形をした岩に火をつけてオオクニヌシにぶつけ、殺してしまったのです。

これを悲しんだオオクニヌシのママが高天原たかまがはらの偉い神様、カムムスヒに「息子を生き返らせて!」と頼みます。

カムムスヒは地上に2人の女神を送りました。

その2人の女神が霊薬を作り、オオクニヌシを生き返らせたのです!

ところが、オオクニヌシが生き返ったことを知った兄貴たち。また殺そうとします。

この兄貴たち、とにかくしつこい、執念深い、残忍凶悪。

これ、いちおう神話なんですけどね・・・)

今度はオオクニヌシを森に連れ出し、割れた木の間に挟んで圧死させました。

そしてまたまたオオクニヌシママの機転で生き返ります。

とはいえ、オオクニヌシもさすがに、「こりゃまた狙われるわ」と危機感を抱き、ある神様に助けを求めます。

その神様とはスサノオノミコト。

天界を統治するアマテラスの弟です。

ここから2つ目のエピソード、根之堅州国ねのかたすくにのエピソードです。

根之堅州国ねのかたすくにのエピソード

殺気あふれる兄貴たちを何とかするため、オオクニヌシはスサノオに助けを求め、根之堅州国ねのかたすくにという黄泉よみの世界につながる国を訪れます。

スサノオが暮らす神殿にたどり着き、門をたたくと、出迎えてくれたのはスサノオの娘、スセリヒメでした。

会った瞬間、オオクニヌシはスセリに一目惚れ。

スセリもオオクニヌシに心惹かれます。

そしてスセリは父親のスサノオを連れてきます。

スサノオは娘を奪われると思ったのでしょうか、オオクニヌシに数々の試練を課します。

蛇の部屋で眠らせたり、ムカデと蜂の部屋で眠らせたり、野原で火を放って焼き殺そうとしたり・・・

そのたびにスセリ姫に助けらます。

最後はスセリ姫を連れて駆け落ちです。

黄泉の国の三種の神器といわれる、「生太刀いくたち」「生弓矢いくゆみ」「天の沼琴あまのぬごと」を奪って、スセリ姫を背負い、逃げ出します。

根性見せたオオクニヌシに最後はスサノオも納得したのか、「これなら娘を嫁にやれる」と思ったようです。

こうしてオオクニヌシはスセリを連れ帰り結婚したのです。

女性に助けられてばっかりのオオクニヌシ。母性本能くすぐるタイプなんでしょうね。

総社神社

総社神社の写真一覧

言い伝えによると、総社神社は大国主命おおくにぬしのみことの神託によって建立されたとか。

神亀元年(724年)のある夜半に真昼のように明るい神光が飛来し、「我は大己貴神である。当地に神社を建立して祀れば、国中安泰・諸人守護・五穀豊穣をもたらすであろう。」との神託があった。

大己貴神おおなむちのかみというのが大国主命のことです。

大国主命のご利益パワーのレベル高そうですね。

ちなみに、一般的に「総社」というのは、平安時代に中央の役人が地方に任官したときに、その地方の有力な神社を回ってお参りする仕事があったのですが、たくさんの神社をまわるのは大変だから、ひとつにまとめちゃえ!ということで複数の神社をまとめて建立したのが「総社」です。

しかし、この「総社神社」は本来の意味ではなく、たくさんの神様をまとめてお祀りしていますよという意味のようです。

神様情報
天照皇大神あまてらすすめおおかみ・・・天界の最高神で太陽の女神
豊受大神とようけのおおかみ・・・五穀をつかさどる女神
大己貴神おおなむちのかみ・・・大国主命の別名
味耜高彦根命あじすきたかひこねのかみ・・・大国主命おおくにぬしのみこと多紀理姫命たぎりひめのみことの子。めっちゃモテそう。
八重事代主神やえことしろぬしのかみ・・・大国主命おおくにぬしのみことの子
● 総社神社 (そうじゃじんじゃ)
住所:● 秋田市川尻総社町14-6
電話番号:● 018-863-0930
旧社格:● 県社
ホームページへ
最寄り駅からのアクセス:● JR秋田駅から車で約8分

太平山三吉神社

大平山三吉神社たいへいざんみよしじんじゃは秋田県の神社で一番高い場所に位置し、標高約1,170mに鎮座します。

山登りを兼ねて参拝したいですね。

太平山の頂上にある鳥居からながめる朝日、夕焼けは絶景です。

神様情報
大己貴大神おおなむちのおおかみ・・・大国主命の別名
少彦名大神すくなひこなのおおかみ・・・大国主神とともに国づくりを行った小さな知恵もの
三吉霊神みよしのおおかみ・・・山岳信仰による神
● 太平山三吉神社 (たいへいざんみよしじんじゃ)
住所:● 秋田県秋田市広面字赤沼3の2
電話番号:● 018-834-3443
旧社格:● 県社
ホームページへ
最寄り駅からのアクセス:● JR秋田駅から車で約9分

多紀理毘売命(たきりびめのみこと)プロフィール

宗像三女伸の長女。日本の神様の中でも三姉妹の女神は宗像三女伸だけ。しかも3人そろって超美人。天界(高天原)で最高の神様である天照大御神あまてらすおおみかみの弟、素戔嗚尊すさのおのみことの娘というお嬢様血統でもある。一般的に、宗像三女伸は海の神様として知られるが、タキリビメは神話界きってのイケメンモテ男である大国主命をゲットしたほどの女神であるだけに、良縁を引き寄せる神様としてご利益が期待できる。

※タキリ姫エピソード(時間のない人はスルーしてください)
エピソードを飛ばす

タキリビメは、高天原でアマテラスとスサノオが誓約うけいという占いをしているときに生まれました。

まあ、神話なんで無茶苦茶な話ではあるんですが、アマテラスがスサノオの持っていた剣をガジガジと噛み砕き、それをフーっと吹き出すと、神秘的な霧となり、その中から長女タキリビメ、次女イチキシマヒメ、三女タキツヒメが生まれたのです。

スサノオの剣から生まれているので、スサノオの娘ということになっているのですが、アマテラスの口から出てきているので、一体どちらの娘なんでしょうね?

普通に考えれば、アマテラスとスサノオの娘ということになりそうですが、アマテラスとスサノオって姉弟なんですよね・・・

それはおいといて、タキリビメはオオクニヌシに惚れられて2人の子どもを生みます。

オオクニヌシは神話界で比べる者がいないイケメン。彼のモットーは「この世のすべての女性を幸せにすること」。そのモットーの下、6人の女神と結婚し、180人の子どもを作りました。

オオクニヌシも良縁を引き寄せる神様として有名ですが、彼の心を射止めた6人の女神たちも、縁結びの神様としてご利益ありだと思いませんか?

その6人の女神の中でも飛びぬけて美人だったといわれるのがタキリヒメです。

彼女にお参りすることで、あなたにもオオクニヌシのような心優しき男性を引き寄せることができるかも!?

八幡神社

八幡神社の写真一覧

秋田県にも八幡神社はたくさんあります。

そもそも八幡神社は「八幡様(=日本神話の応神天皇がモデル)」をお祀りする神社。

全国で4万以上の社を持つと推定される神様。日本で最もメジャーといえます。

ここで紹介する八幡神社は「湯沢市柳田字堀廻」に鎮座する神社なので間違えないでくださいね。

八幡神社の祭神はもちろん八幡様ですが、合祀ごうしされている神様はそれぞれ違います。

神様情報
多紀理比売命たきりひめのみこと・・・宗像三神の長女。神話界NO.1のモテ男、大国主命をゲットした美女。
息長姫命おきながひめのみこと・・・神功皇后のこと
大名主神おおなぬしのかみ・・・大国主命の別名
天照皇大神あまてらすすめおおかみ・・・天界の最高神で太陽の女神
大山祇命おおやまづみのかみ・・・山の神様
三吉神みよしのかみ・・・山岳信仰による神
● 八幡神社 (はちまんじんじゃ)
住所:● 湯沢市柳田字堀廻55
電話番号:● 0183-62-1802
旧社格:● –
秋田県神社庁ページへ
最寄り駅からのアクセス:● JR湯沢駅から車で約10分

玉の輿の神様

櫛名田比売命(くしなだひめのみこと)プロフィール

出雲国の夫婦アシナヅチ、テナヅチという夫婦の8番目の娘。上の7人の娘はヤマタノオロチの生贄として食い殺される。自身もヤマタノオロチの生贄になるところをスサノオノミコトに救われ結婚。天界を追放されたとはいえ、アマテラスの実弟というセレブな血統のスサノオを射止めたクシナダ姫は元祖玉の輿といえることから、良縁・玉の輿を引き寄せるご利益があると期待できる。

※櫛名田比売命エピソード(時間のない人はスルーしてください)
エピソードを飛ばす

クシナダ姫はちょい悪系ワイルド男神スサノオの奥さんです。

スサノオはお姉ちゃんのアマテラスと喧嘩して天界(高天原たかまがはら)を追放されてしまいます。

彼は出雲の地に降り立ちました。そこで老夫婦とその娘が泣いているところを見付けます。

「どうした?何を泣いているのだ?」

「はい、今夜、ヤマタノオロチという怪物に娘を生贄として差し出さなければならないのです。すでにこの子の姉7人がヤマタノオロチにたべられてしまいました」

その娘の美貌に目を奪われたスサノオは両親に提案します。

「よし、オレがそいつ、やっつけちゃるから、この娘を嫁にくれ」

驚く両親。

「いや、オレ、アマテラスの弟なんだぜ!セレブ神なわけよ。ちょっと姉ちゃんと喧嘩して、今天界から降りてきたこと。」

クシナダ姫の両親は、これを聞いた瞬間、快諾!

そしてスサノオはヤマタノオロチを酔っぱらわせて、次々に頭をはね飛ばして退治します。

クシナダ姫はこのときくしに姿を変えられて、スサノオの頭に挿されていたのです。

クシナダ姫はめでたくセレブ神、スサノオと結婚し玉の輿完了!

2人は出雲に宮殿を建てて幸せに暮らしました。

クシナダ姫に出会う前のスサノオは荒ぶる神としてヤンチャばかりしていましたが、クシナダ姫と結婚してからは落ち着いて良い夫になったとか。

ちなみに、この記事で縁結びの神様として紹介しているオオクニヌシはスサノオ、クシナダ夫婦の子孫です。

また、クシナダ姫は両親から「撫でるように」大切に育てられたということで、大和撫子の元祖ともいわれています。

熊野神社

熊野神社の写真一覧

1575年(天正3年)に創立されたという言い伝えがあります。

なかなか、のどかな風景の中に鎮座していますね。
神様情報
伊邪那岐命いざなぎのみこと・・・日本の島々を生んだ日本の国土の生みの親。
伊邪那美命いざなみのみこと・・・イザナキの奥さん。
建速須佐之雄命たけはやすさのおのみこと・・・天照大神の弟。暴れん坊のヤンチャ神。ヤマタノオロチを退治してクシナダ姫と結婚した。
櫛稲田姫之命くしいなだひめのみこと・・・天界の最高神の弟というセレブ神と結婚した元祖玉の輿。
● 熊野神社 (くまのじんじゃ)
住所:● 由利本荘市西小人町25
電話番号:● 0184-22-1895
旧社格:● –
秋田県神社庁ページへ
最寄り駅からのアクセス:● JR羽後岩谷駅から車で約18分

女子力アップの神様

天鈿女命(あまのうずめのみこと)プロフィール

元祖天界のセクシー女王。太陽神アマテラスが機嫌を損ねて天岩戸に引きこもった時に、天岩戸の前で桶を逆さにしたステージを作り、その上で熱狂的な踊りを披露。楽しそうな雰囲気が気になって顔をのぞかせたアマテラスを引っ張り出す事に成功する。妖艶な踊りで八百万の神々を魅了したアメノウズメには女子力アップのご利益が期待できる。

※アメノウズメのエピソード(時間のない人はスルーしてください)
エピソードを飛ばす

アマテラスが天岩戸に引きこもった神話はとても有名ですね。

アマテラスは太陽の神なので、隠れちゃったことで世界は闇に覆われます。

草木は育たず、作物もとれない。

天界(高天原たかまがはら)の神々は困り果てました。

そこで「アマテラスちゃん誘い出し作戦」を指揮したのがオモイカネの神。

この神様、頭脳明晰で超優秀。アマテラスの参謀であり、秘書みたいな存在だったのです。

まあ、いってみれば官房長官みたいな存在?

そのオモイカネが作戦を立てます。

「アマテラスちゃんは、出て来てといって素直に出てくるようなタイプではない。かといって、岩戸を開けようにも、彼女の霊力によって閉ざされているので、どんな怪力でも開けることは不可能だろう。ここは、”あなたがいなくても大丈夫作戦”でいこう」

こう考えたオモイカネは、天岩戸の前で大宴会を開き、アマテラスがいなくても楽しいんだぜ♪という雰囲気を作ろうとします。

こうすることでアマテラスが

「何よ、何なのよ!わたしがいないところで、なんで楽しそうにやってのよ!」

と思って顔をのぞかせるだろうことを見越していたわけです。策士ですね。

そこで宴会を盛り上げる踊り子として指名されたのがアメノウズメというわけです。

ウズメは大きな桶を逆さにして、岩戸の前にステージを作り踊り始めます。

調子にのってきたウズメは上衣を脱ぎ、下半身も露出してストリップ状態に。

天岩戸の前に集まった八百万の神々は大興奮して、やんややんやの大喝采!

オモイカネの思惑通り、外が気になって気になってしかたがないアマテラスちゃん。

ちょっと岩戸を開いて顔をのぞかせました。

その瞬間、彼女に向って八咫鏡やたのかがみを向けます。

鏡に映った姿を見て、アマテラスが「こ、この美人は誰?」と声を発します。

※アマテラスは鏡に映った姿を自分と思っていない。

「あなたより高貴な神様よ」ウズメが答えると、ショックを受けたアマテラスは岩戸を押さえる手が緩みます。

そこですかさず怪力の神様アメノタジカラオがアマテラスを外へ引っ張り出すことに成功。

こうして世界に光が戻ったのです。

その重要な役割を果たしたのがアメノウズメ。

アメノウズメにお参りすることで、あなたも八百万やおよろずの神々を虜にしたような妖艶な魅力を身につけることができるかも!?

八幡秋田神社

八幡秋田神社の写真一覧

東北の神社で天鈿女命が祀られているのは珍しいですね。

ここの社殿は重要文化財だったのですが、2005年に賽銭泥棒に放火されて全焼してしまったのです(泣)

現在の社殿は2008年に再建されたものです。

神様情報
品陀別命 ほむたわけのみこと ・・・応神天皇=八幡様
息長帯姫命 おきながたらしひめ ・・・神功皇后=応神天皇のお母さん
比売神 ひめのかみ ・・・宗像三女伸のこと

<相殿>
倉稲魂命 うかのみたまのみこと ・・・五穀・食物をつかさどる神様
猿田彦命 さるたひこのみこと ・・・天孫ニニギノミコトを迎えた神様。大宮売命の旦那
大宮売命 おおみやのめのみこと ・・・天鈿女命のこと
武甕槌命 たけみかつちのみこと ・・・大国主命に国譲りの交渉をした神様
● 八幡秋田神社 (はちまんあきたじんじゃ)
住所:● 秋田市千秋公園1-8
電話番号:● 018-832-2066
旧社格:● –
秋田県神社庁ページへ
最寄り駅からのアクセス:● JR秋田駅から車で約6分

月読命(つきよみのみこと)プロフィール

日本の国土を生み出したイザナキが黄泉の国から帰って来てみそぎをする際、右目を洗ったときに生まれた神様。同時にアマテラスが左目から、スサノオが鼻から生まれる。姉のアマテラスが太陽の神として昼間の世界を、弟のツキヨミが月の神として夜の世界を支配することに。若返りの水といわれる変若水を所有しているといわれ、アンチエイジングのご利益が期待できる。

※月読命エピソード(時間のない人はスルーしてください)
エピソードを飛ばす

日本神話にはツキヨミノミコトに関するエピソードはほとんど存在していません。日本書紀では、ツキヨミが食べ物の神様(ウケモチノカミ)を殺してしまうというエピソードがありますが、古事記ではウケモチを殺したのはスサノオということになっています。重要な神様でありながら、エピソードのほとんど残っていない神様です。

しかし、逆にそれでミステリアスな感じが月の神秘さとマッチして興味がひかれます。

ところで、古来から月は女性はと結び付けられてきました。

ギリシャ神話では太陽や地球より先に、月の女神エウリュノメが生まれたとされています。

エウリュノメこそが太陽や地球を生み、ゼウスなどの神を生み出した創造主なのです。

古代ギリシャだけでなく、古代オリエント、ローマ、インドなど、様々な地で月は女神にたとえられています。

これは月が満ち欠けによって姿を変えることから、女性の妖艶さがイメージされるからでしょうか。

日本でも古代から月は信仰の対象でした。

特に移ろいやすいものに美意識を持つ日本人にとって、月は特別なものだったはずです。

月は不老不死の象徴として考えられていたようです。

その月を支配するツキヨミノミコトは「飲めば若返る」と言われた変若水おちみずの管理者だったことから、アンチエイジングのご利益が期待できると考えられます。

ちなみに、山形の月山という山の頂上にツキヨミを祀る月山神社がっさんじんじゃがあります。

その山のふもとに温泉があり、その名も「変若水おちみずの湯」。

なんとも興味をそそられるじゃないですか!

「変若水の湯 つたや」という旅館なのですが、ここの温泉にゆっくりつかれば、ツキヨミのご利益でアンチエイジングが叶うかも!?

月山神社

月山神社の写真一覧

秋田には月読命つきよみのみことをお祀りする神社がたくさんあります。しかしその多くが天照大神あまてらすおおみかみと一緒にお祀りされています。姉弟だから一緒にお祀りしてしまおうというところでしょう。

でもですね、この姉弟、実はあまり仲がよくありません。というより、仲悪い。

なので、私は月読命と天照大神を一緒にお祀りしている神社が好きではありません。なんか月読命の機嫌が悪そうで、ご利益パワー減少してそうな気がして・・・。

ということで、天照大神と一緒にお祀りされていない神社をおすすめします。

それがこの月山神社。1415年の創立と言われ、月読命の本拠地、出羽三山から勧請かんじょうしています。

※勧請=神仏の分身・分霊を他の地に移して祭ること。

神様情報
月夜見命 つくよみのみこと ・・・夜の世界を支配する神。月の満ち欠けを司る。
日本武命 やまとたけるのみこと ・・・日本神話の中で最も武力に優れた神様
伊弉諾尊 いざなぎのみこと ・・・日本の島々を生み出した神様
大気都比売命 おおげつひめのみこと ・・・食物をつかさどる女神
稲倉魂命 うかのみたまのみこと ・・・稲の精霊が神格化されたもので、五穀、食物をつかさどる
水波能売命 みずはのめのみこと ・・・火を鎮める水神にして豊穣をもたらす農耕神
天児屋根命 あめのこやねのみこと ・・・天照大神が天の岩屋に隠れたとき、祝詞のりとを奏した神
大山祇命 おおやまづみのみこと ・・・山をつかさどる神
● 月山神社 (がっさんじんじゃ)
住所:● 横手市増田町増田字月山1
電話番号:● 0182-45-3006
旧社格:● –
秋田県神社庁ページへ
最寄り駅からのアクセス:● JR十文字駅から車で約8分

豊玉毘売命(とよたまひめのみこと)プロフィール

海の神であるワタツミの神の長女。妹はタマヨリ姫。トヨタマ姫は竜宮城の乙姫のモデルと言われる美女。彼女が助けたナマズが美しい白い肌のナマズになったというエピソードから美肌の神様としてのご利益があると期待されている。もちろん彼女自身も女子力のキホン、透き通るような美肌の持ち主。また初代天皇、神武天皇の祖母であり、神の子を生むことから安産の神様としても知られる。

※トヨタマ姫エピソード(時間のない人はスルーしてください)
エピソードを飛ばす

トヨタマ姫には2つのエピソードがあります。

①夫に秘密を知られた悲しいエピソード

くした釣り針を探しに、トヨタマ姫の住む海の宮殿にやってきた山幸彦やまさちひこ(ホオリノミコト)は、そこでトヨタマ姫と出会い、お互い一瞬で恋に落ちます。

ホオリノミコトは天孫ニニギノミコトの息子で、のちに地上の支配者となる神様。(山幸彦の名前がある通り、もとは山の神様だったのです)

トヨタマ姫はパパに「この人と結婚したいの??」とホオリノミコトを紹介します。

トヨタマ姫のパパは海の神様。ホオリ君が天から降りてきたニニギノミコトの息子だと見抜き、結婚を認めます。

2人は海の宮殿で幸せに暮らしていました。

しかし、ある日、ホオリ君は自分がなくした釣り針を探しに来たことを思い出します。

トヨタマ姫のパパに探してもらって釣り針は見つかりました。

ホオリ君はその針をどうしても、兄である海幸彦(ホデリノミコト)に返さなければならなかったのです。

ホオリ君は海の宮殿を去る決意をします。

ひとり、地上に戻ったホオリ君ですが、このときトヨタマ姫は妊娠していました。

トヨタマ姫は愛しいあの人の子を地上で生もう!と決心し、ホオリ君を追って地上世界に向かいます。

トヨタマ姫は海の世界の住人ですから、地上世界は完全アウェイ。

日本の女性が言葉も通じない外国で出産するようなものです。

不安は大きかったでしょうが、ホオリ君への愛が勝りました。

地上についた頃には、すでに産気づいていて、陣痛が来てしまいます。

ホオリ君は立ち会い出産を希望したのですが、トヨタマ姫に断られます。

「ダメ、ゼッタイに見ないで!」

なぜなら、彼女は海の世界ではない、異世界で出産するには、本来の姿(ワニ)に戻らなければならなかったからです。

トヨタマ姫に「見ないで」と言われて、「うん、わかった」と答えたホオリ君ですが、お約束通り(笑)「見るなのタブー」を破ってしまいました。

こっそり産屋をのぞいたホオリ君が見たものは、のたうち回っている巨大なワニ。

「や、ヤベェ・・・」と後悔するホオリ君でしたが、トヨタマ姫に「どうして見たの?」と悲しく迫られます。

そしてこれまたお約束通り、(鶴の恩返しのお話と同じく)トヨタマ姫は地上を去らなければならなくなってしまいました。

結婚相手に本性を知られてしまった海の世界のものは、地上にとどまることはできず、故郷に帰らなければならないというしきたりがあったのです。

トヨタマ姫は生んだばかりの子どもを残し、故郷の海へ帰り、地上に続く道を完全に閉ざしてしまったのです。

夫に秘密を知られてしまった悲しみに打ちひしがれて。

こうしてトヨタマ姫とホオリ君は再び会うことはありませんでした。

しかし、しきたりによって別れただけで、ホオリ君への愛は変わりません。そして息子のことも気になります。

そこでトヨタマ姫は妹のタマヨリ姫に息子の世話を頼んで地上に行ってもらうのでした。

後日、その息子とタマヨリ姫が結婚し4人の子どもを作ります。

その4番目の子どもが日本の初代天皇、神武天皇となるのです。

トヨタマ姫は初代天皇の祖母、タマヨリ姫は母ということになります。

このエピソードから、完全アウェイの地上世界で無事出産したということで、安産の神様として知られるようになったのです。

②乙姫のモデルになったエピソード

ある日、地上を訪れていたトヨタマヒメは傷を負ったナマズと出会います。

「まあ、かわいそう」

トヨタマ姫は近くにあった温泉にまじないをかけ、その温泉をなまずにかけてやります。

(トヨタマ姫は水を支配する海の神の娘ですから、薬水を作るなんて朝飯前!)

するとそのナマズは、みるみる美しい白いナマズに変わり、傷も治ったのです。

その温泉というのが、佐賀県の嬉野温泉。

嬉野温泉街にはトヨタマ姫をお祀りする豊玉姫神社もあります。

嬉野温泉の泉質は、ナトリウムを多く含む重曹泉で、美肌に効果あり!

温泉湯豆腐という名物料理もあり、体の中から外から美肌になっちゃいます(^^♪

真山神社

真山神社の写真一覧

なまはげゆかりの地として、毎年2月なまはげ柴灯まつりが行われることで有名な神社。

神社前庭には、秋田県指定の天然記念物である樹齢1,000年余りのかやの巨木が立っています。

また、奥の山には多くの植物があり、男鹿の自然を満喫できます。

神様情報 <主祭神>
津彦火瓊瓊杵命 あまつひこほににぎのみこと ・・・地上を治めるために降臨した天照大神の孫。
武甕槌命 たけみかづちのみこと ・・・大国主命に国譲りの交渉をした神様

<合殿神>
天照大御神 あまてらすおおみかみ ・・・天界の最高神。太陽の女神。
豊受大神 とようけのおおかみ ・・・五穀をつかさどる女神
豊玉毘女神 とよたまひめのかみ ・・・美肌&安産の神様
少彦名神 すくなひこなのかみ ・・・大国主命と一緒に国造りをした神様
大山咋神 おおやまくいのかみ ・・・酒づくりの神様
大名持神 おおなもちのかみ ・・・大国主命の別名
塞神三柱神 さいのかみみはしらのかみ ・・・黄泉の国から逃げ帰ったイザナキが禊をするとき最初に投げた杖から生まれた神
● 真山神社 (しんざんじんじゃ)
住所:● 秋田県男鹿市北浦真山水喰沢97
電話番号:● 0185-33-3033
旧社格:● 県社
ホームページへ
最寄り駅からのアクセス:● JR男鹿駅から車で約21分

復縁の神様

菊理媛神(くくりひめのかみ)プロフィール

復縁の神様。こじれてしまった人間関係を修復する神様として日本の女神の中でも知名度が高い。日本の島々を生んだイザナキ・イザナミの日本最大の壮絶な夫婦喧嘩を仲裁し、イザナキを現世に送り返すことに成功する。生者と死者を仲介するイタコの祖先と考えらえる。かなりの霊能力の持ち主。

※菊理媛神エピソード(時間のない人はスルーしてください)
エピソードを飛ばす

菊理媛神は日本神話においては、わずか一場面に登場するだけですが、とても重要な役割を果たしました。

日本の島々の生みの親であるイザナミノミコトが火の神を出産したとき、大やけどを負い死んでしまいました。

黄泉の国に行ってしまったイザナミノミコト。

旦那さんのイザナキノミコトは妻であるイザナミノミコトに会いたくて、死者の国である黄泉の国へ行きます。

しかし、イザナキがそこで見たものは、腐乱したイザナミの死体。

気分が悪くなって逃げだすイザナキ。

イザナミは自分の変わり果てた姿を夫に見られた恥ずかしさと、現世に戻れない悔しさで怒り狂い、イザナキを殺そうとします。

必死で逃げるイザナキですが、黄泉の国とこの世の境である黄泉平坂というところで、ついにイザナミに追いつかれてしまいます。

イザナキ、万事休すか!?

と思われた瞬間、登場したのが菊理媛神です。

言い争いをするイザナキとイザナミの両神の言い分を聞いて、うまくとりなし、イザナキをなだめることに成功。

菊理媛神のおかげでイザナキは現世に戻ることができたのです。

このとき菊理媛神がどんな助言をしたのかはわかりません。

しかしこのエピソードから、「くくって取りまとめる」という意味の「ククリ」を語源とする菊理媛神と呼ばれるようになりました。

そのため、ククリ姫は恋の仲介役となり復縁のパワーを授けてくれる神様として人気です。

鹿渡神社

鹿渡神社の写真一覧

鹿渡かど周辺を支配した国柄氏が城の守り神として、16世紀後半(戦国時代)に創建された神社。

明治43年に周辺の十数社と合祀ごうししたため、たくさんの神様をお祀りしています。

神様情報
誉田別皇命 ほむたわけもちのみこと ・・・応神天皇
三吉大神 みよしのおおかみ ・・・力の神様・勝負の神様・子どもの守護神といわれる神様
天照大御神 あまてらすおおみかみ ・・・天界の最高神。太陽の女神。
天之宇受神 あめのうずめのかみ ・・・天界の元祖アイドル。妖艶なダンスで八百万の神々を魅了した女子力の神様
火彦神 ほひこがみ
熊野加武呂命 くまのかむろのみこと
八郎別持命 はちろうわけもちのみこと
宇迦之御魂神 うかのみたまのかみ
菅原神 すがわらのかみ
大名持神 おおなもちのかみ ・・・大国主命の別名
伊邪那岐命 いざなぎのみこと ・・・日本の島々を生み出した神様
菊理比売命 くくりひめのみこと ・・・復縁の神様
宇気母智命 うけもちのみこと ・・・食物全般の神
受保之神 うけもちのかみ ・・・食物全般の神
大山祇神 おおやまつみのかみ ・・・山の神
大名貴神 おおなむちのかみ ・・・大国主命の別名
豊受大神 とようけのおおかみ ・・・五穀をつかさどる女神
武御名方之命 たけみなかたのみこと ・・・大国主命の子
火産霊命 ほむすびのみこと ・・・火を司る神
龍神 りゅうじん
瓊々杵命 ににぎのみこと ・・・天照大神の孫
● 鹿渡神社 (かどじんじゃ)
住所:● 山本郡三種町鹿渡字腰巡35-1
電話番号:● 0185-87-2862
旧社格:● –
秋田県神社庁ページへ
最寄り駅からのアクセス:● JR鹿渡駅から徒歩約12分

神社にお参りするときに忘れてはいけない3つのポイント

神社にお参りするときの作法を気にする人は多いと思います。

調べるといろいろ出てきますね。

「鳥居を通る前に一礼して、端を通る」とか、「手水舎ちょうずやでどうするか」とか、「賽銭の入れ方」とか「お辞儀のしかたとか」。

確かにこれらのことも大切なんですが、それ以前にもっと重要なことがあるのをご存知でしょうか?

ちょっと考えてみれば当たり前のことなのですが、おそらく多くの人ができていないと思われます。

それは、次の3つのことです。

  • 神様の専門を理解しておく
  • 神様に呼びかける
  • 自分の住所・氏名を名乗る

神様の専門を理解しておく

多くの神社では複数の神様をお祀りしています。

日本では八百万の神々というくらい、たくさんの神様がいらっしゃいます。

それだけたくさんの神様がいらっしゃるということは、神様によって得意なことが違うのです。

商売繁盛の神様、学問の神様、安産の神様、子宝の神様、縁結びの神様、豊穣の神様、金運の神様、健康の神様・・・などなど。

あなたがひどい頭痛や肩こりで悩んでいるとしましょう。

税理士さんに頭痛や肩こりのこと、相談しませんよね?

整形外科とか、整体とか、その道の専門家に解決をお願いするはずです。

でも、神社にお参りするときに、商売繁盛の神様に、「病気になりませんように」なんて、知らないうちにお願いしていたりする人がいるかもしれません。

あなたがお参りする神社の神様は何が専門なのか調べてから行きたいですね。

神様に呼びかける

神様の専門を理解した上で、その神様にお願いするとには、神様に呼びかけましょう。

「オオクニヌシさま、どうかいい人に巡り合えますように💛」

例えば、あなたが会社で誰かにコピーをお願いするとき、「○○さん●●●●、コピーお願い!」って名前を呼んで頼むのではないでしょうか。

神社の拝殿で、神様に呼びかけず、「どうかいい人に巡り合えますように」とお願いしただけだと、「アンタ、誰にお願いしてんのよ!」なんて神様に思われないですかね?

神社でお願いするときも、神様に呼びかけたほうがいいと思いませんか?

自分の住所・氏名を名乗る

名乗るというか心の中で唱えるということです。

「オオクニヌシさま、〇〇県△△市どこどこの□□と申します。どうか良縁が訪れますように」

みたいな感じで、自分の住所・名前も心の中でつぶやいて。

名前も名乗らずにお願いしても、神様だって「は?アンタ誰?」って話です。

ちゃんと名乗ったほうが神様もあなたの面倒を見てあげようという気になっていただけるのではないかと思いませんか?

以上、3つの点、意識している人はほとんどいないので、これを実践するだけで、他の参拝者に大きく差をつけて、神様にえこひいき●●●●●してもらえるのではないかと思うのです。

「あ、確かにそうかも」と納得していただけた人はぜひ実践してみてください!

「なんか人気だって聞いたから」みたいな自分の考えもなく受け身で神社にお参りする人に大きな差をつけることができますよ♪